美優のお部屋BBS

144210
名前  性別:
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

レベル3? - sin (男性)

2017/05/28 (Sun) 21:23:22

美優さんがブログでレベル3プレイを上げていたので、私も便乗します(笑)。
浅○ほどではないですが、動物園も親子連れが多いです。
パートナーも、同性の視線がイヤだと(笑)。

小説 柊美優14 慰安旅行の肉玩具最終回 - sin (男性)

2017/05/28 (Sun) 09:06:46

身体のどこかが火照っている気がして、目が覚めた。
下腹部に痛みまでいかない、疼きのような違和感があって、自然と手が股間へ伸びる。濡れてはいないが、少しジンジンする。完全に目が覚めると、とたんに全身に疲労が感じられた。
いつものベッドではなく、布団だ。そう、会社の慰安旅行先の旅館だ。
記憶があいまいだ。宴会の場で同僚に辱められたあと、たしか露天風呂で見知らぬ大勢の男たちに、体中を自由にされ、普通なら口に出せないような罵倒を浴びたような気がする。が、はっきりとしない。
布団から出て、ユニットバスへ入り、浴衣を脱ぐと、うっすらと胸から下腹部にかけて、マジックで書かれた落書きを消した跡が残っていた。読む気にもならず、おしっこをすますと、そのまま湯船に入り、熱いシャワーを浴びた。
そういえば今、何時だろう? 食欲はないが、朝食の時間が気になる。バスタオルで全身をぬぐうと、畳の部屋へ戻ってからドライヤーで髪を乾かす。時計は午前8時を指していた。
内線電話が鳴る
「ハイ」と受話器にこたえると、
「やあ、美優君。起きていたか。9時までには1回の大食堂で来てくれ。それまで、もう少し横になっていなさい」
山崎部長の優しい声音が聞こえた。
「10時半には帰りのバスに乗る。昨日から本当に様だったね」
部長の言葉に思わず、肩の力が抜けた。ようやく終わるのだ。
「はい、ではあとで」
受話器を置くと、素肌の上からもう一度浴衣を羽織、布団に横になる。
目をつむると、昨日受けた仕打ちがよみがえってくる。
思わず、手が股間へ伸びるが……。

美優の部屋の外では、旅行の最後にもう一発、ヌておこうとする若いたちが今にも部屋へ乱入しようとしているところだった。柊美優の受難はまだ終わらない。

Re: 小説 柊美優14 慰安旅行の肉玩具最終回 - sin (男性)

2017/05/28 (Sun) 09:08:51

自己満足の小説もここで一区切りです。
書いても書いても終わらない気がして、ちょっと自分でも怖くなりました(笑)。
美優さんのHPの掲示板を貸していただき、ありがとうございました。
またいつか気が向いたら……。

小説 柊美優13 慰安旅行の肉玩具⑩ - sin (男性)

2017/05/21 (Sun) 08:35:28

 年齢は30代〜50代まで、150センチくらいの小太りから、体中毛深いマッチョまで、いろいろな男がいたが、目の前に好きなことをしても良い全裸の若い女性がいたら、やることはそう変わらない。そう思っていたが、柊美優は男性の嗜好の複雑さを思い知らされた。
「なあ、姉ちゃん、舐めさせてくれよ」
 ビール腹の50男は、美優の股間に顔を埋めたが、女性器ではなく、尿道を舌で刺激し、おしっこを浴びたがった。30歳くらいの比較的若い痩せた男は、おっぱいにしゃぶりつき、巨乳とは言えない美優の胸に男性器をこすりつけた。別な男は嫌がる美優に無理矢理、尻穴を舐めさせ「アナル舐めマゾ」とののしった。当然のように、美優のアナルにも挿入しようとしたが、それだけは泣いて許してもらい、代わりに口とま●こ、両手で一度に4人の男性器を喜ばせなければならなかった。
 山﨑部長と笹塚主任は、複数のカメラとビデオで撮影をしていた。おそらく、男たちの私物だろう。
 美優は、自分でもわからないうちに、涙を流し、意味のないうめき声をあげ、ただただ男性の異言うなりにだった。気持ちいいのか、イヤなのか、自分でもわからない。
 本当に、自分は男性の快楽のためだけに存在する性処理の玩具なのだと思い込もうとした。いっぽうで、今日のことが、オナニーする時に思い出す、オカズになるんだろうなと、他人事のように頭のどこかで考えている自分もいる。
〜ああ、もう私は壊れてしまったのか?〜

小説 柊美優12 慰安旅行の肉玩具⑨ - sin (男性)

2017/05/14 (Sun) 14:53:54

 屋外には、大きめの岩風呂と、臼のようなひとり用の湯船が2つ、それに3人掛けの木製ベンチが3つ設置されていた。笹塚主任に引きずられるようにして、全裸の美優が屋外へ出ると、そこには本当に10人ほどの見知らぬ男が待っていた。
「みなさん、お待たせしました。うちのマゾOLですよ。社員旅行なのに、身体がうずいてしょうがない、オナニーじゃ我慢できないから、廻してほしい、なんていう変態ですからね。好き放題になんでもしてかまいませんよ」
 山﨑部長の声が聞こえる。美優の意識はすでにはっきりせず、ただただ、主任の誘導に身をまかせている状態だ。
 男たちのうち、160センチくらいの小柄でお腹の出っ張った中年が好色そうな声で「本当かい? あとで大金払えなんてないだろうね?」と、部長に念を押している。すると、部長が答える前に、別な男が「こんな娘を好き放題にできるんなら、10万円くらいなら払ってもいいぞ。ただし、生で中だし、ごっくん、それに写真撮影とか、本当になんでもできるんならな」と言う。
 寒くもないのに、美優は一糸まとわぬ身体をブルっとふるわせた。主任が背中を小突いて、男たちの問いに答えるように促す。
「はい、私は誰でもいいから、廻してほしくてたまらない、変態の性処理玩具です。中だしでも、精印でも、写真撮影でも、なんでもお好きにして下さい。お金は一切いりません。写真はプリントしてお友達に配るなり、ネットの掲示板にアップするなり、ご自由にどうぞ」
 震える声で、美優は知らない男たちに向かって宣言した。

Re: 小説 柊美優12 慰安旅行の肉玩具⑨ - 柊美優 (女性)

2017/05/17 (Wed) 23:30:54

待ってました(・▽・*)

GWのお楽しみ - sin (男性)

2017/05/06 (Sat) 22:33:41

連休中、本当に晴れてよかったですね(関東だけ?)。
パートナーも、家族サービスで忙しかったようですが、少しだけ都合をつけてもらい、名残の桜見物。
透け衣装で観乳首会?
短い時間でしたが、いろんなところで露出撮影できました。


小説 柊美優11 慰安旅行の肉玩具⑧ - sin (男性)

2017/04/29 (Sat) 22:14:13

 脱衣場に浴衣を置いて、タオルひとつ持たぬ全裸で大浴場へのガラス戸を引き開けた。湯気が邪魔でよく見えないが、身体を洗っている人はひとりもいない。男がひとり湯船に浸かっているだけのようだ。
 思わず、安堵に息を吐いた美優だったが、うしろからついてきた山﨑部長が耳元で「なに安心しているのかな? 美優君のお仕置きは、外の露天風呂でやるからね。この旅館、男湯で夜中に騒いでも、お目こぼししてくれるっていうんだ」。
 思わず、視線を奥へむけると確かにもう1枚大きな全面ガラスの向こうに、露天風呂が広がっている。常夜灯と月明かりに照らされた岩風呂には、なんと6、7人の男の姿が見えた。もう一度、部長が言う「騒いでも、誰も来ないんだよ」
 思わず身震いする美優だが、今度は浴槽から上がってきた男が「よう、遅かったな〜。外じゃ、野郎どもが、ちんぽビンビンにして待ちくたびれてるぞ」と大声で話しかけて来る。笹塚主任だった。彼自身も、数時間前に美優の中に何度も射精したはずなのに、股間のモノはすでに勃起している。
 「笹塚君、彼女を洗ってやってくれ。私はそとの『参加者』の方に前説をしてくるからね」
 部長が露天のほうへ歩いていくと、笹塚主任が美優の腕をとって、洗い場へ誘った。
「参加者?」と美優が聞くと
「ああ、うちの社員じゃない、たまたま泊まり合わせた参加者がけっこういてね。お前は、そいつらにも廻されるんだ。ただの廻しじゃない、デジカメの前で、名前も住所も年齢も会社名も連呼しながら、見ず知らずの男たちに、生でな」
 笹塚主任の腕が支えてくれなかったら、美優は洗い場のタイルの上に崩れ落ちていただろう。足がブルブルふるえていた。

桜の花びらの上で - sin (男性)

2017/04/09 (Sun) 19:40:05

小説柊美優は1回か2回お休みさせていただきます。
その代わりではないですが、パートナーとのお花見露出の写真を。

Re: 桜の花びらの上で - 柊美優 (女性)

2017/04/23 (Sun) 14:31:09

やっと全部読んだー(・▽・*)
sinさん小説サイト出来ますよぉ(・▽・*)
お花見写真間に合わなかった(TT)

Re: 桜の花びらの上で - sin (男性)

2017/04/23 (Sun) 20:15:55

ありがとうございます。
以前、「いじめられっこ正木」というHPの妄想小説のコーナーに投稿していました。
「マルティニークの子供」というペンネームです。同じコーナーの「えりさん」という方の小説には「sin」と言うペンネームでコラボ作品を作っていました。
何が言いたいかというと、小説書くもの好きです。
これからも、気が向いたら、小説で美優さんをいじめたいです(笑)。
お花見露出写真、すみませんね~。他にもあるので、そのうちまたアップしますね。

小説 柊美優10 慰安旅行の肉玩具⑦ - sin (男性)

2017/04/23 (Sun) 20:10:34

 結局、柊美優は部長の言う通り、日付が変わる10分前に部屋を出て、大浴場へ向かった。この旅館には5階にガラス張りの大浴場がある他、本館の外に露天風呂が備えられている。1階ロビーはすでに灯りが落とされており、チェックインカウンターだけが蛍光灯の光に鎮座していた。その奥に露天風呂への入り口がある。
 全裸の上に浴衣1枚だけを羽織った美優の姿は、幸い宿のスタッフに見られることもなく、ゆっくりと男湯ののれんをくぐる。タオルも持ってこなかった、とその時になって気づく。
 脱衣場には、いくつもロッカーが使用中であり、男性客多数、入浴中であるとわかる。美優の同僚たち、コーラルの社員だけならまだいい。もし、たまたま泊まり合わせた、見知らぬ客がいたら、こんな夜中にひとりで、しかもタオルも持たないすっ裸で、男湯に入る女を見て、どう思うだろう?
 少し前、普通の女性なら自殺したくなるような屈辱的な恥をさらしたとはいえ、これからまた同じような、いやもっと酷い目に遭うかもしれない予感に、美優はためらった。ここまで来たけれど、部屋へ帰ってしまおうか? まさか、いくら部長始め、同僚の男性たちが非常識とはいえ、部屋から無理矢理連れ出されることはないだろう。
 浴衣の帯を握ったまま、考えこむ美優を現実に帰らせたのは、引き戸が開く音と、山﨑部長の声だった。
「美優君。遅かったね〜。もう12時過ぎているよ。これはお仕置きだね〜〜。もしかして、わざと遅れて、お仕置きを受けたかったのかな?」
 美優はその言葉に頷き、帯とともに浴衣を床に落とし、一糸まとわぬ姿を、男性用脱衣場に晒した。
「はい、遅れてすみません。どんなお仕置きも受けます。どうかよろしくお願い致します」

ユニークスキル - いなり (男性)

2016/12/22 (Thu) 02:49:37

とうとう魔法使いにクラスチェンジしてしまいました。誰か慰めて下さい・・・ 

Re: ユニークスキル - 美優 (女性)

2016/12/25 (Sun) 10:57:38

わぁ(・▽・*)
魔法使いの世界にようこそー¥^^¥
ある意味貴重ですよ^^
クリスマス企画に参加出来たら良かったんですけどね^^

Re: ユニークスキル - いなり (男性)

2016/12/25 (Sun) 19:10:02

美優様。参加出来ぬ私にも救いの手をどうか。

Re: ユニークスキル - 柊美優 (女性)

2017/01/09 (Mon) 14:49:14

魔法使いは希少種ですからね^^
仕切るのは主様ですので主次第ですけど^^

Re: ユニークスキル - いなり (男性)

2017/01/12 (Thu) 16:13:31

今ならその貴重な希少種をゲットできます。主様。どうかご検討を。

Re: ユニークスキル - 柊美優 (女性)

2017/01/17 (Tue) 00:03:43

主様は余りここ見ないですよ^^;
多分

Re: ユニークスキル - いなり (男性)

2017/01/18 (Wed) 18:01:58

無念!! せめて私専用にエロ画像をくださいっ!! どうか!! お願い申し上げますっ!!

Re: Re: ユニークスキル - 主 (男性)

2017/01/18 (Wed) 20:37:33

見てますよ

Re: ユニークスキル - いなり (男性)

2017/01/18 (Wed) 23:45:32

主様。見ておられましたか!! どうか哀れな私にご慈悲を!!

Re: ユニークスキル - 柊美優 (女性)

2017/01/24 (Tue) 00:02:33

主の乱入に気がついてびっくりしちゃいました^^;
後は主にお任せ^^

Re: ユニークスキル - いなり (男性)

2017/01/25 (Wed) 17:55:37

主様・・・

Re: ユニークスキル - いなり (男性)

2017/02/04 (Sat) 01:27:37

もしや忘れ去られている? と思わないでもない今日この頃。主様。再度のご登場を心よりお待ちしております。

Re: ユニークスキル - 柊美優 (女性)

2017/02/05 (Sun) 09:27:50

基本的には私が返信するようでした^^;
御気持ちは伝わっていると思いますよ^^

Re: ユニークスキル - いなり (男性)

2017/02/05 (Sun) 20:22:41

主様に伝わったのなら、後はあなただけです。美優様。受け取って下さい。私の想いをっ!!

Re: ユニークスキル - いなり (男性)

2017/03/15 (Wed) 03:18:21

やっぱり忘れ去られていた今日この頃。童貞は死なず。ただ去りゆくのみ。くすん。

Re: ユニークスキル - いなり (男性)

2017/04/10 (Mon) 23:07:35

美優様!! 一発ヤラせてくださいっ!!(直球) 

Re: ユニークスキル - 柊美優 (女性)

2017/04/23 (Sun) 14:29:47

返信滞ってましたね^^;
オープンで誘いに乗ったらパニックになってしまいますから返信出来ないですよ^^
全てのプレイは主が決める事なのです^^

小説 柊美優9 慰安旅行の肉玩具⑥ - sin (男性)

2017/04/02 (Sun) 19:34:14

 柊美優が身体の中(膣肉の奥、子宮口の生々しいぬめる肌色まで)を晒し、男性社員がそれをカメラやスマホの画像に納めたあと、宴会が終わると、一度全員がそれぞれの部屋へ戻った。地獄のような羞恥の中で、何度も絶頂に達して全身の力が抜けたままの美優は、山﨑部長に支えられるようにして、宴会場から2階へと引き上げた。時間はすでに夜の10時半を過ぎている。
 部長は美優をベッドに座らせると、かいがいしくバスタオルや濡れた浴衣の代わりを用意して
「少し休むといいよ。シャワーを浴びて、横になりなさい」
 と優しく言った。美優は、会社の同僚の前で晒した、あまりに屈辱的な醜態と、にもかかわらず、何度もイッてしまった自分が恥ずかしくて、半ば脱力していた。一見、温かい部長の言葉を耳にしながら、何も考えられない。
 「12時前には、男湯へくるんだよ。そこが、この慰安旅行のメインイベントだからね」
 嗤いながら、部長が部屋から出ていくと、美優はようやく我に返り、お酒と汗と、精液と自分の愛液で濡れた浴衣を投げ出し、シャワーを浴びた。
 熱い温水を頭から浴びながら、「ついさっきまで、普通の女の子がされたら自殺したくなるようなことをされたのに、私はアソコを濡らしている。私はやっぱり、変態なのね」と考えながら、結局、指でクリトリスをさする。
 コンパニオンの言ったセリフ「こんな写真があったら、まともにお嫁にはいけないねぇ。だって、普通の旦那が、こんな女を嫁にもらうかい?」が、頭の中を巡る。「もう、一生、普通の人生は送れない。好きな男の人ができても、あんな写真を見せられたら、まともに付き合うなんてできない。相手もせいぜい、セックスフレンド、いえ、手軽な性の玩具としか思ってもらえないかも」。自分の考えに自分で興奮し、シャワールームでもう一度、絶頂を味わう美優だった。

レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板